フェースを返すと引っかかる?

前回、ヘッドを返すことがゴルフスイングの基本であることをお伝えしました。
ヘッドを返すことで、はじめて芯でボールをとらえることが出来るようになりますし、飛距離が出るようになるのです。

ヘッドを返すことを最初から教わってゴルフを始めていれば最短距離で上達することが出来るのですが、すでに長年ゴルフをされている方が今のスイングでヘッドを返す動きを入れると引っかかるかもしれません。
その理由は、アマチュアの多くの方が、アウトサイドからクラブが下りてきているからです。
これまでは、ヘッドを返すという動きをしていなかったので、アウトサイドからクラブを入れてきて、フェースを開いてインパクトしていたので、帳尻が合っていたのです。ただ、そのスイングですと、勢いの良い球を打つことが出来ないですし、フックも出ればスライスも出る、トップも出ればダフりも出る・・・、ということになっていたはずです。

インサイドから開いた状態でヘッドは入ってきて、インパクトでしっかりフェースを返すことが出来れば、力強い球を打つことが出来る前提条件が出来ることになります。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す