ヤマハインプレスUD+2シリーズ2019年モデルが発売

2番手上の飛びを実現したことで、アイアンの常識を変えたヤマハインプレスUD+2。

2017年モデルからドライバーやフェアウェイウッドなどもラインナップに加わり、フルセットでインプレスUD+2を使用しているアマチュアの方も多くいらっしゃいます。

もちろんこのドライバーは、ルール適合モデル。ルール適合モデルの中で、一般的な日本人アマチュアが最も飛ばすことが出来るドライバーを求めて作られています。

今回のモデルの特徴としては、前のモデルから引き続き、超低重心・超深重心でつかまりやすく球が上がりやすく、スピン量が少ないヘッドになっています。また、ドライバーですが、ストロングロフト。これはリアルロフトが、最も飛距離が出やすい設計となっています。
それに加えて2019年モデルは、重心がよりセンターに移動させることに成功。これによってより遠心力が働き、ヘッドスピードが上がって、ボールに伝わるパワーが最大になりました。
シャフトもパワーロスが最小限になるような設計となっています。

ヤマハ 2019 インプレス UD+2 ドライバー

スポンサードリンク

コメントを残す