フェースを返すと引っかかる?

前回、ヘッドを返すことがゴルフスイングの基本であることをお伝えしました。
ヘッドを返すことで、はじめて芯でボールをとらえることが出来るようになりますし、飛距離が出るようになるのです。

ヘッドを返すことを最初から教わってゴルフを始めていれば最短距離で上達することが出来るのですが、すでに長年ゴルフをされている方が今のスイングでヘッドを返す動きを入れると引っかかるかもしれません。
その理由は、アマチュアの多くの方が、アウトサイドからクラブが下りてきているからです。
これまでは、ヘッドを返すという動きをしていなかったので、アウトサイドからクラブを入れてきて、フェースを開いてインパクトしていたので、帳尻が合っていたのです。ただ、そのスイングですと、勢いの良い球を打つことが出来ないですし、フックも出ればスライスも出る、トップも出ればダフりも出る・・・、ということになっていたはずです。

インサイドから開いた状態でヘッドは入ってきて、インパクトでしっかりフェースを返すことが出来れば、力強い球を打つことが出来る前提条件が出来ることになります。


スポンサードリンク


ゴルフスイングの基本中の基本 ここからはじめよう!

ゴルフスイングの基本中の基本で、ここが間違がっていると全てが間違った方向に進んでいくというものがあります。

それが何かというと、「ヘッドを返すこと」です。

結構多くのアマチュアの方が間違って理解していることなのですが、インパクトの前後はフェースを目標方向に真っ直ぐ動かすものだと思っている方が非常に多いです。

これは完全に間違い。真っ直ぐにフェースを出していくだけでは、本当の意味で芯でボールをとらえることはできません。

本当のヘッドの動きというのは、開いて降りてきたフェースをインパクトで返していく動きになります。これはゴルフクラブの構造上当たり前の動き。まずは、ここからゴルフを始めると最短距離で上達することができます。

意外と上級者の方でも真っ直ぐに出していくと思っている方もいらっしゃるようです。是非、この機会にフェースを返す打ち方をマスターして下さい。


スポンサードリンク


軽量化・高慣性モーメント・つかまりのバランス

ルール非適合の高反発ドライバーの魅力は、
もちろんですが飛距離性能です。

とはいえ、飛距離が出るからと言ってもまっすぐ飛ばないし、つかまらないということでは困ります。

ヘッドスピードを出す為にヘッドを軽量化すると、慣性モーメントが低くなって球の直進性が損なわれます。

また慣性モーメントを高めようとすれば、つかまりにくくなってしまいます。

その辺りのバランスがとても大切。だからノウハウをキッチリ持っているメーカーでなければ、ちゃんとした高反発ドライバーを作ることはできません。

そういった面でも、私が使用しているHAYABUSAドライバーは、とてもバランスが良く、めちゃくちゃ飛ぶのに曲がりませんし、つかまります。

HAYABUSAドライバー 試打評価

インパクトで右ひじは伸びきらない

ゴルフで飛ばす為には、パワーをしっかりとボールに伝えないといけません。

インパクトでボールを力強く弾き飛ばすには、
インパクト前にパワーを放出せずにしっかり貯めておかなければなりません。

インパクト前に早々とタメが解放されて
右ひじが伸びきった状態でインパクトを迎えてしまうとだめ。

インパクトでは、右ひじはまだ伸びきっておらず、
インパクトからその直後に伸びきるように使いましょう。

プロのスイングはみんなそのようになっています。

シャフトをムチのように使い、インパクトで一気にヘッドを走らせましょう。

反発力が高くてもシャフトがダメなら飛びません

多くのアマチュアは飛距離を伸ばす為の道具選びとして、ドライバーヘッドを熱心に研究され、そして購入します。

しかし、ほとんどのプロは、シャフトも入念にテストしますし、ヘッドよりもシャフトの方が大切だという選手も多いです。

プロや上級者は、スイング中にシャフトのしなりも考えています。
小手先でしならせることはないでしょうが、スイング全体でシャフトのしなりを考えています。
インパクトでは、逆しなりで球をとらえることで、正しい方向に飛ばすことが出来るのです。

シャフトが良くないと、飛ばないだけでなく、曲がります。

高反発ドライバーで私が使用しているHAYABUSAですが、
シャフトが本当にいいです。
弾道の高さもいいですし、方向性も狂わないです。

私のHAYABUSAドライバーレビュー


ドライバーの飛ばし方

ドライバーを飛ばす方法として、いくつか考えられますが、
ここでは大きく二つの方法をご紹介したいと思います。

まずは、スイングスピードを上げる方法。
アベレージゴルファーの多くが、スイングスピードを上げるために、トップから力いっぱいダウンスイングに入る方がいます。これでは実は飛びません。ツアープロやドラコンプロなどは、ここ一番で飛ばしたいときには、バックスイングを早く上げるようにします。バックスイングを早く上げることで、ダウンのスピードも速くなります。是非、一度練習場で試してみて下さい。

次に、適度な打ち出し角度を実現して、球を飛ばす方法。
球が高すぎても、低すぎても、ボールは飛びません。
球の高さの打ち分けは、アドレスした際に目標方向を見ますが、その時の目線の高さで変えることが出来ます。目標方向の高い位置に目線を置けば、高い球を打つことが出来ます。これも是非練習場で試してもらいたいと思います。