とにかく飛んで曲がらないドライバー

とにかく飛んで曲がらないドライバーをご紹介します。

ルール適合モデルは、反発係数の規制があったりヘッドの大きさの規制があったり色んな制限があるので、その中で飛距離を伸ばしたり、曲がりにくくしたりということで、日々改良が加えられています。

ただ、競技には出ないから、ルール適合でなくてもOK!とにかく飛ぶドライバーが欲しい!と言う方には、選択肢は非常に広くなってきます。

とにかく飛ぶ!と言ってもまっすぐ飛ばなければOBばかりで意味がありません。とにかく飛んで曲がらないドライバーを選ぶためには、ヘッドとシャフトをセットで検討しなければなりません。

私自身が使った中で最も飛んで曲がらないのは、ダントツでこのドライバーです↓↓


2016年に発売されたモデルですが、
未だにこれを超えるドライバーは現れていません。
もちろん私もプライベートラウンドではこれを使います。
私自身の試打レビューはこちら

軽量化・高慣性モーメント・つかまりのバランス

ルール非適合の高反発ドライバーの魅力は、
もちろんですが飛距離性能です。

とはいえ、飛距離が出るからと言ってもまっすぐ飛ばないし、つかまらないということでは困ります。

ヘッドスピードを出す為にヘッドを軽量化すると、慣性モーメントが低くなって球の直進性が損なわれます。

また慣性モーメントを高めようとすれば、つかまりにくくなってしまいます。

その辺りのバランスがとても大切。だからノウハウをキッチリ持っているメーカーでなければ、ちゃんとした高反発ドライバーを作ることはできません。

そういった面でも、私が使用しているHAYABUSAドライバーは、とてもバランスが良く、めちゃくちゃ飛ぶのに曲がりませんし、つかまります。

HAYABUSAドライバー 試打評価

反発力が高くてもシャフトがダメなら飛びません

多くのアマチュアは飛距離を伸ばす為の道具選びとして、ドライバーヘッドを熱心に研究され、そして購入します。

しかし、ほとんどのプロは、シャフトも入念にテストしますし、ヘッドよりもシャフトの方が大切だという選手も多いです。

プロや上級者は、スイング中にシャフトのしなりも考えています。
小手先でしならせることはないでしょうが、スイング全体でシャフトのしなりを考えています。
インパクトでは、逆しなりで球をとらえることで、正しい方向に飛ばすことが出来るのです。

シャフトが良くないと、飛ばないだけでなく、曲がります。

高反発ドライバーで私が使用しているHAYABUSAですが、
シャフトが本当にいいです。
弾道の高さもいいですし、方向性も狂わないです。

私のHAYABUSAドライバーレビュー


9月10月非常に売れている高反発ドライバー

私も使用している高反発ドライバーのHAYABUSA。

発売されたのは少し前ですが、今も口コミで広がっているようで、
本当にたくさん売れていると聞いています。
この9月10月もかなり売れているみたいです。

私は、このHAYABUSA以外にもルール適合内のドライバーも持っていますし、最近は試合にも出るようになっているので、ルール適合ドライバーを最新モデルも含めて色々試しています。
ですが、このHAYABUSA以上にコントロール性能が良いドライバーがないんですよね。
HAYABUSAは、高反発で飛ぶだけでなく、本当にコントロール性も良いんです。最高のドライバーです。

私がHAYABUSAを購入して使用した感想・レビュー


高反発ドライバー 飛距離 違い

高反発ドライバーを使用する方が多くなってきていますが、
果たして本当に飛ぶのだろうか??という疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、一般的なドライバーの宣伝で
「飛距離が10ヤード伸びた!」など言われても
実際打ってみるとそれほど変わらないということが多々ありますからね。

高反発ドライバーの場合は、
まぁ本当に飛びますね。
ルールを無視しているわけですから、飛んで当然ではあるんですけどね。

ルール適合ドライバーは、
基準内で設計されていますから
急激に飛距離が伸びるということはなかなか難しいです。

高反発ドライバーは、ルール適合ドライバーと比べると
+20ヤードや30ヤードは当たり前だったりしますよ。


高反発ドライバーを使っている人が増えてきた

先日、練習場へ行ったときのこと。
60代~70代くらいの方が、高反発ドライバーの事で盛り上がっていました。

ある方が、高反発ドライバーを使っていて、
その仲間たちが順番に打っている様子。

皆さん口を揃えて
「めちゃくちゃ飛ぶな~」と仰っていました。

そこは、私がいつも通っている練習場で
正面のネットまでは220ヤードあります。
なので、ドライバーの飛距離がある程度ハッキリわかるのですが、
ご自身のドライバーよりも明らかに飛んでいるようでした。

実は、私はそのドライバーが飛ぶことは
打たせてもらわなくても知っていました^^;
だって私も持っているから!!

何度か、このサイトでもご紹介しているHAYABUSAドライバーだったのです。
ヘッドカバーを見た瞬間から「ビビビッ!」と来ていました。
やっぱり飛んでるな~なんて思いながら見ていたら、
仲間たちがその飛びに驚いて食いついてきた感じだったのです。

やっぱり、このドライバー、誰が打っても飛ぶんですね^^;


振りやすいドライバーが安定して飛ばせる

男性が女性用ドライバーを使うと
ナイスショットの確率が格段に上がります。

これは軽くて短いドライバーだと
軸がぶれにくく振り切ることができます。
キレイなスイングがしやすいので
ミスショットが大幅に少なくなるのです。

実は、多くのアマチュアゴルファーが
オーバースペックなドライバーを使っているために
軸がぶれてしまいスイングが安定しなくなっています。

もちろん、レディース用ドライバーをお勧めしているわけではありません。
やはり最大飛距離は落ちますから。

飛ぶドライバーを選ぶ際には、
ご自身が考えているよりも
少しやさしいモデルを使用されることをお勧めします。

私が使用するHAYABUSAドライバーは
日本人シニアゴルファーの体力に合わせて
作成されていますので
無理なく振り切ることが出来て
ナイスショットの確率がかなり高くなります。
最大飛距離だけでなく、平均飛距離もかなり伸びるはずです。

⇒私の高反発ドライバー試打レビュー



高反発ドライバーってどれも飛ぶの??

今、高反発ドライバーが非常に多く発売されています。
PRGRのようにメジャーなゴルフメーカーが
ルール適合外のドライバーを出す時代です。

発売されている高反発ドライバーを見てみると、
10万円近くするドライバーから
1万円程度のものまであります。

高反発ならどんなドライバーでも飛ぶのでしょうか??

実際に使っている人の声や
ネット上の口コミを見ていると
やっぱり格安ドライバーはダメみたいですね。

確かに、高反発なフェースだったりするのかもしれませんが
ゴルフクラブって反発性能だけで決まるわけではありませんからね。

やはりしっかりと作られているものを
選ぶべきでしょう。


高反発ドライバーでラウンド!

高反発ドライバーでラウンドしてきました。

たまに一緒に回る地元の同級生と。

一人は野球部出身で、当たると非常に飛ばします。
高反発ドライバーを使う前は
50ヤードくらい置いて行かれることもありました。

HAYABUSAドライバーを使ってどれくらい飛距離で追いつけるのか、
この日を非常に楽しみにしていました。

その友人は、スコアは100くらいなので、
本当に芯を食うショットは、一日に1~2回。
今回は、なかなか調子が良かったみたいでハーフで1~2回
ナイスショットを打っていました。

お互いにナイスショットを打った時の飛距離が
今回はほとんど同じくらいになっていました。
おそらく、ルール適合ドライバーなら
30~50ヤードくらい置いて行かれていたと思われるような場面で
同じくらいの飛距離!
これは本当にうれしかったですね。

一緒に回った友人たちは
私のドライバーに興味津々。

もしかしたら、次回のラウンドでは
みんな高反発になっているかも・・・。



高反発ドライバーを使うと飛距離は本当に伸びる?

高反発ドライバーを使うと
本当に飛距離は伸びるのでしょうか?

反発係数が高いのであれば、
ロボットやプロが打てば
普通は飛距離は伸びるでしょう。

しかし、私たちアマチュアの場合、
そもそも正しくヘッドとボールが
コンタクトできるか否かが大きな問題です。

重心位置や慣性モーメントにより
使う方のスイングとクラブの性能が一致した時には、
爆発的な飛距離を生み出してくれることもあります。

私の場合は、
高反発ドライバーを使うと30ヤード以上飛びますし、
さらに出玉が安定し曲がりも少なくなりました。

私が使っている高反発ドライバーの
レビューはこちらでご紹介していますので
参考にしてみてください。
ハヤブサドライバー使用レビューはこちら