本当に飛ぶ高反発ドライバー

高反発ドライバーが本当に飛ぶとは限りません。

反発係数が高い方が理論上は飛びますが、
シャフトの性能だったり、球の上がり方だったり、スピン量だったり、重要な項目がたくさんあります。

今回発表されたプロギアの新しい金eggは、
反発係数が0.86と非常に高いだけでなく、
ソールとクラウンの設計を変えて
インパクトでよりクラウン部分をたわませて
打ち出し角を高くしています。
さらに重心深度を深くすることでも
球が上がりやすくなっていますし、
またつかまりもよくなっています。 

ヘッドスピードが30m/s台の方でも
確実に飛ばせるドライバーに仕上がっています。

●PRGR/プロギア 金egg ドライバー(2017)